第2回 福音書における人間理解と世界理解

先ず冒頭に森司教は「私の話を文章化するのはムリ」といわれた。講師の話を記録してホームページに載せるという役割をもっている私は言葉にハタと当惑して考え込んでしまった。

「レジメを載せるのはかまわない」「文責を明らかにしてその人の感想付きノート風にするならいい」ということなので、以下に書き記すことは私のきわめて主観的なノートになることをあらかじめことわっておくことにしたい。

つまり、以下の文章がなにか問題となったとき、その責任は講師の森司教にあるのではなく、この文章をまとめた私にあるのだということである。

前回の話しでは、人間を押しつぶそうとする仕組みや価値観のなかでそれでも生きていてよかったということを示すカトリックの価値観について話した。これまで聖書を読むのに、霊魂とか精神、肉体、永遠の世界とかという図式ではなされたことがおおかった。あたらしい視点から話してみたい。考えてみたらこれは単純。オバマさんの所信演説 アメリカと世界の現実をとらえた上でビジョンを投げかけている。現実を理解した上であたらしい希望を投げかける。神が人間に向けてなにかを投げかけようとしたときに。神から見た世界と人間の現実の認識があった。

今回は福音書に絞ってみる。福音書は4人の記者たちによってまとめられた。「福音」ということばがやっかい。キリストの生涯の物語を知らされた人たちは喜ぶだろうなという話。彼らはなにかを待っていた。そのなにかをつかまなければならなかった。それなくして救いはなかった。人間と世界の現実を理解すると言うことは待っているなにかを理解すること。
4人の福音史家の問題意識はそれぞれ違っていた。それぞれの福音書には、独自な人間理解・世界理解があった。

レジメ2-1
レジメ2-1

1. 冒頭の読み比べ
冒頭には著者の考えがよく表れる。
ヨハネ「はじめに言葉があった。」キリストを神のことばとして紹介した。
マタイ 1章の系図、2章で東方からの訪問者、ヘロデの残虐行為、エジプト非難、そしてガリラヤでの生活
マルコ 荒野で叫ぶ洗礼者ヨハネとそこに登場するキリスト
ルカ  洗礼者ヨハネと誕生を告げる。キリストの誕生までの系譜 ザカリアとマリアのお告げの違い 人間理解

レジメ2-2
レジメ2-2

2. マタイとルカの違い
1. マタイ2章のエピソード
ヘロデ王の時代 東方からの訪問者(占星術師) 幼児殺害事件 エジプトへの避難 ガリラヤへ
キリストが生まれたがゆえに幼児が殺された。母親と幼児にとってはキリストの誕生は呪われた。こういうくらい出来事を書いている神経。現実のありのままの悲惨さをそのまま描いた。
2. ルカの1章はまったく違う。「喜ぶ」という動詞がでてくる。「喜びなさい」「喜び踊る」くらい出来事はなくて神を賛美する。喜びがこだまのように広がっていく。不条理な人間の社会の現実に「喜び」をあてている。

rsm2-3

2. マタイとルカの違い
1. マタイ2章のエピソード
ヘロデ王の時代 東方からの訪問者(占星術師) 幼児殺害事件 エジプトへの避難 ガリラヤへ
キリストが生まれたがゆえに幼児が殺された。母親と幼児にとってはキリストの誕生は呪われた。こういうくらい出来事を書いている神経。現実のありのままの悲惨さをそのまま描いた。
2. ルカの1章はまったく違う。「喜ぶ」という動詞がでてくる。「喜びなさい」「喜び踊る」くらい出来事はなくて神を賛美する。喜びがこだまのように広がっていく。不条理な人間の社会の現実に「喜び」をあてている。

ルカの誕生はやさしさやよろこび、マタイは人間と世界の醜さや苦しみの強調
ちょうど子どもに対する親の態度の違いみたいである。
ルカの場合は「この世界の深いところで涙をこらえながら生きている人間に向かい、無条件に抱きしめる」親のやさしさを描く。
「ダブリン市民」クリスマスの夜、金婚式 おばあちゃんの涙をみたおじいちゃんの思い
人間の涙の奥にある悲しみに対して「無償に包み込む」愛の姿を描くのがルカ

4. マタイとルカの説教の違い
マタイ「小さなひとびと」いのちのとおとさ。世界の現実を認め、ひとりひとりのいのちをとおとぶ。
マタイ24/7 ひどい現実の指摘 最後まで堪え忍ぶものは救われる。剣ではなく愛での救い
ルカ21/7 自らを苦しむ人と同化する。

レジメ2-5
レジメ2-5

5. 山上の説教と平地の説教
マタイ 大群衆の前のキリストの所信表明
ルカ  人びとと同じ目線にたって、面と向かっている人にいっている。

レジメ2-6
レジメ2-6

マタイの5章
「心の貧しさ」旧約聖書ではアナウィン(虐げられた人、くずおれていく人、自分の人生を支えられない人びと、打ち砕かれた人の叫びに対して神は黙っていられない、そういう人を神は呼びよせる。
そのときのイメージと違う。
悲しみは心を裂く
愛しながらしか生きていけないのにそれが引き裂かれている状態。
「柔和」とはともに生きていく心 人と人とともに生きていく世界を作る。愛を引き込む。

レジメ2-7
レジメ2-7

福音書を書いたマタイにもルカにも共通して、現実に対して、苦しみや悲しみによりそい、そこに愛を吹き込むというキリスト教の人間理解が描かれている。

このような人間理解をもって、子どもと向き合ったときにこの生き方を示していくこと、ここにこそカトリック学校のチャレンジがあるのではないかと結ばれた。

森司教は参考文献として「聖書の言葉とキリストの言葉」という著書を紹介されていたことを付記しておこう。

小グループで

森司教の講演の後、参加者は5つのグループに分かれて、感想をはなしあった。そこで出てきた感想をいくつか拾ってみよう。

「4つの福音書の違いをあまり意識して読んだことがないので、こういう読み方は新鮮であり、勝つ刺激的であった。」

「教員はこのような話を聞くとすぐに自分のおかれた場においてこれはどのように当てはめたらいいのかを考える。不登校の生徒やドロップアウトしていく生徒のことが頭を離れない。そういう生徒にどう関わったらいいのかという問いかけにヒントが欲しい。」

「人間の痛みや苦しみに寄り添ってそこに愛を吹き込む」のがキリスト教教育の姿だといわれてその通りだと思う。ドロップアウトをしていく子どもたちをまえにしていつも『99匹と迷える1匹の羊』の話しを思い出す。1っぴきを探し回るときに他の99匹をそのままにしておいてよいのか、いつも悩んでいることである。」

「成績が追いつけなくて外に出さねばならない生徒たちを見て、高校にそのまま進学するのがその子の本当の幸せなのかと思ってしまう。そのこの痛みや苦しみに寄り添うということはどういうことなのか」

全体で

小グループからの報告が全体会でなされた。

「いろいろな見方の違いがありながら、ひとつの聖書として編集されていることには意味がある。学校教育現場での多様性を生かすということにつながるのではないか。」

「さまざまな個性をもつ生徒に愛をもって接していくということや、困難な中に神が現れて愛を与える、そこにこそ神がおられるという意識を持って、学校現場での矛盾に立ち向かいたい。」

「福音書の記者たちがそれぞれおかれた現実に立ち向かいながらビジョンをもって、聖書を記していったということがよくわかった。しかし、今の私たちにはおかれている現実と目指すべきビジョンとがかけ離れていて、重ね合わせて考えるまでに入っていないというのが現実である。この養成塾でそういうところを共同でできたらいいと思っている。」

これらの「報告」を聞いて森司教は次のように応えられた。

いくつかの学校で「生徒のプロファイル」づくりというのをされていた。つまり、学校を卒業するまでにどういう生徒になってほしいのかという目標を定めることを学校全体で行っていた。

しかし、それはともすると現実認識を欠いてしまい、入学案内にでてくるようなキレイゴトになってしまいがちである。子どもたちの背後にある日本社会の現実の中で生きている子ども・親・社会にたいする共通理解をもちながらのプロファイルであって欲しい。

ひとりひとりの先生方がもっておられる情熱や使命感、そして現実の社会に対する姿勢に信頼しながら、子どもたちの心の奥深いところにある望や願いへの理解が必要なのではないかと思う。

私の話が、皆さんの共通の問題意識を持つことのきっかけにしていただけたら幸いである。

森司教のお話しは参加者にとって、新鮮で刺激的な話しであったようである。それに対して参加者は自分のおかれた学校現場の現実と照らし合わせながら聞いている。この緊張が会場に感じられた。

参加者はまであちょっとカタイ感じでなかなかリラクスできる雰囲気にはなっていないが、しかしこの緊張も悪いものではないと思った。

(文責 事務局 土屋至)