福音的価値観の教育 −カトリック学校の宗教教育

s1

まず自己紹介から

s2

初めに自己紹介をします。土屋至といいます。清泉女学院中学高等学校で23年間「宗教」「倫理」を担当してきました。「世界史」「現代社会」「総合学習の時間」や「情報」も教えたことがあります。

次に「宗教倫理教育担当者ワークショップ」と「宗教倫理教育担当者ネットワーク」を20年間やり続けました。カトリック学校の「宗教」「倫理」を担当する教員たちの研修会です。教員の研修としては、おそらくもっともパワフルな研修だと自負しています。

教会で「キリスト教入門講座」を担当して25年になります。

SIGNIS Japan というカトリック教会のメディア担当者の国際的ネットワークのメンバーとして「インターネットと福音宣教」を考えています。養成塾のホームページもこのグループの助けを得て私が作っています。

清泉女子大学で、教職科目である「宗教科教育法」を担当しています。

その他に「横浜のおもしろ科学たんけん工房」「きぼう日本語教室」などに関わっています。 あと「Good News Collection」というブログを作っていて、1200ページのコンテンツと毎日500のアクセス数を誇っています。 インターネットで「キリスト教入門講座」を開設するのは自分のミッションだと思っています。

一番最初しかできない不思議な作業

先ず初めにとっておきの Good News

福音の10の特質

倫理科の教科方針とカリキュラム

中1 それで木はうれしかった

中2「何とかしなくっちゃ」ポスターづくり

中3 神さまの話

中3「感動のメディアカタログ」

中3「怒り」という感情

中3 自分がイヤになるとき好きになるとき

中3 イエスのここが好きここがきらい

中3「放蕩息子」をどう読むか

中3 自己発見ワークショップ

高3「アウシュビッツと現代」

高3「愛と性を考える」

終わりに

次へ
このページのトップへ