養成塾がめざすもの(2010年3月)

カトリック学校のカトリックらしさの継承の危機を克服し、カトリック学校を、日本社会の中で生きる子どもたちに生きる喜びと希望の光を伝える、活力ある場とする為に、信念と情熱を持った教職員を養成する場が長らく待たれていましたが、昨年度、多くの方々の声を受けて、養成塾が発足する運びとなりました。今年度もご参加をお待ちします。以下に学習の概要を示させて頂きます。

私たちはこの養成塾に於て、キリストの福音のより深い理解を求めつつ、現代社会の声に耳を傾け、そこにおかれたカトリック学校の使命を探ります。そしてその使命に応える力を学校が如何にして身につけていくかを考えます。更にこれらについて、お互いに話し合うことを通して、参加者がカトリック学校の担い手としての自覚を深め、力量を高めていくことを目指しています。

特に参加者同士が互いに与えあうプロセスを大切にしたい、と考えています。その為、本年度は2回の合宿を計画しております。

この趣旨に添うべく、以下のような項目を設けて学習していくことにしました。

1.現代の課題

2.聖書の人間観

3.キリスト

4.弟子・使徒職

5.建学の精神(カトリック学校の多様性の理解)

6.学校の使命

7.児童・生徒の成長

8.宗教科・宗教行事

9.学習・教科の位置づけ

10.教員養成

以上、直面している現実の諸問題を常に念頭に置き、分析しながら、聖書に、カトリックの伝統に、カトリック学校の伝統に光を求めます。共に祈り、考え、分ち合う中で、参加者に多くの気付きと希望が与えられ、そして参加者同士のつながりが、日本のカトリック学校を支える大きな力となっていけばと願っております。