William Arthur Ward の教育に関する格言から

The mediocre teacher tells.
The good teacher explains.
The superior teacher demonstrates.
The great teacher inspires.

凡庸な教師は、ただ話す。
良い教師は、説明する。
優れた教師は、態度で示す。
そして、偉大な教師は心に火をつける。

これは20世紀アメリカの哲学者であり、教育者であったWilliam Arthur Ward のことばである。

問題は最後の inspires だと思う。この言葉をなんと訳すか?
上の訳文では「心に火をつける」であった。この訳文も悪くはないが、次のような訳文もある。

並みの教師はしゃべるだけ、
良い教師は説明し、
優れた教師は手本をみせる。
卓越した教師であれば、生徒の心を刺激する

これも今ひとつである。demonstrate の訳は「手本を示す」というのはいいと思う。
私だったらこう訳すだろうか。

普通の教師はただ話す
よい教師はうまく説明する
すぐれた教師は自分でやってみせる
偉大な教師は生徒たちが自らやってみたくさせる

理科とか数学とかはこの訳が適当であると思うがどうだろうか?

ところで William Arthur Ward にはこんな言葉もある。これもなかなか含蓄の深い格言である。

Do more than belong: participate.
Do more than care: help.
Do more than believe: practice.
Do more than be fair: be kind.
Do more than forgive: forget.
Do more than dream: work.

所属するよりも、参加する。
心配するよりも、助ける。
心で信じるよりも、実践する。
フェアーにこだわるよりも、親切を実行する。
許すよりも、忘れる。
夢見るよりも、努力する。

これも4行目と5行目が問題だと思う。上の訳でいいのだろうか?

“William Arthur Ward の教育に関する格言から” への 1 件のフィードバック

  1. 最後の英語の訳。
    「所属するより、参加せよ。
    気にかけるより、助けよ。
    信じるより、実践せよ。
    公平であるより、親切であれ。
    許すより、忘れてしまえ。
    夢見るより、働け。」
    いるだけより、気にしてるふりより、信じてるだけより、公平さを守るだけより、許すだけより、夢見てるだけより、
    やることがあるんじゃないかな、
    と書いたのではないでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + twenty =